エンディングノートと一緒に墓じまいをする方も増えています

お墓

墓じまいにかかる費用はどれくらい?

御霊前

墓じまいにかかる費用は「現在の墓地を更地に戻す費用」「遺骨の改葬先でかかる費用」「事務的な費用」の3種類があります。現在のお墓がお寺にあるのでしたら、さらにお寺へ渡すお金も必要です。それでは、順番にこれらの費用の目安を見ていきましょう。
墓地を更地に戻す費用は、1㎡あたり10万円から15万円が相場です。ただし、墓地の立地条件によって金額は変わってきます。機械や重機が入れないような場所ですと作業員の数が増えますし時間もかかりますので、そのぶん費用が高くなります。
墓じまいの場合、改葬先は永代供養墓など墓石を建てないタイプのお墓が主流です。合祀や合葬と呼ばれる他の人と一緒に遺骨を埋葬する形式のお墓ですと、公営の施設なら遺骨1体につき1万円から2万円、民営の施設ですと3万円ほどがもっとも安い価格帯です。他人の遺骨と一緒にせず、専用区画に埋葬する形式ですと安いもので1体20万円ほどかかります。
遺骨を移動させるには、現在のお墓がある自治体から許可書を発行してもらう必要があります。これが事務的な費用です。自治体ごとに違いがありますが、1通につき高くても1000円程度です。お寺へ渡すお金は、寺院によっては「離檀料」として金額が提示されることがありますが、そうでない場合は法要3回分ほどのお布施を包むケースが多くなっています。墓じまいの費用を計算する際は、これらを参考にしてみてください。

近年増えている墓じまいとは

最近はエンディングノートといって自分の死後に家族たちが混乱しないような配慮を行う方が増えていますが、それと一緒に墓じまいを選択する方も増え始めているのです。墓じまいとは墓石を法律の手順に則って処分することで、自分の死後に子供などに墓を世話させる負担をなくすために選ぶ方、また世話する子供がいない方などが選ぶ傾向があります。
墓じまいした後は中の遺骨は菩提寺で合祀されたり、納骨堂に納められることになりますが、これらはお墓を維持していくよりも安価である場合が多かったりします。また管理も各施設の方々が行うことになり、自分の死後に不安を感じることもありません。
場合によっては少し困難が伴うことになるのがこれまでお墓を管理していた寺院との交渉となります。特に先祖代々のお墓を管理していた施設側にとっては、檀家が離れるということはそれだけ収入が少なくあることを意味します。ですので、なかなか応じなかったり法外な離檀料を請求したりする場合もあります。ただし法的な効力がない場合がほとんどですし、日頃の付き合いをしっかりと行っていれば避けられるトラブルでもあるのです。ですので、墓じまいを行う際には、住職等にもあらかじめ相談しておくことが良いでしょう。

墓じまいの利点とは

墓を持つというのは意外と負担になることがあります。それは金銭的なことでもありますし、祭祀をしないといけな、という心理的な負担もあります。特に高齢になりますとなかなか体力的にお墓参りに行くこともできないようになってしまうこともあるでしょう。そこで最近になって増えているのが墓じまいです。
墓じまいというのは墓を撤去して、その後は更地にする必要性がありますから意外とお金がかかります。しかし、心理的な負担を軽くするということでとにかく撤去しておきたい、遺骨を他に移したいという人は多いのです。寺なり霊園などにまず話を通す必要があります。あくまで墓の土地というのは墓石はともかくとして、あくまで借りているだけであるからです。ですが、断られるということはありませんから、それはそこまで心配することはないでしょう。
墓を処分するというのはどうしてもかなりの決断が求められることになります。先祖の墓を処分するとなりますと結構な決断が必要なのです。多くの場合、祭祀が絶えるからこそ、そうしたことをしようとするわけです。ですから、墓じまいを相談する相手がいないという人も多いのです。それでもやる人がいるのはそこに利点を見出しているからです。終活の一つなのです。

墓じまいの時に遺骨をどうするか

様々な理由で、墓じまいを選択する方も増えてきています。墓じまいをする時に、一番気にかかるのが、遺骨のことだと思います。遺骨をどうするかは、様々なパターンが考えられます。遺骨をどうするか、親族でよく話し合って決めることが大事です。まず考えられるのが、永代供養や合葬墓です。お墓はなくなりますが、お寺や墓地にいけば、お墓参りは可能です。 納骨堂といった選択肢も、考えられます。永代供養や合葬墓と違って、個人の遺骨を残すことが可能になります。室内でのお参りも可能なのも、大きな特徴です。ただ、管理や維持にお金もかかりますし、契約期間もあります。散骨は、海や山に遺骨をまく方法です。専用の業者に依頼することで、遺骨をまくことになります。ただし、お参りができなくなるので、抵抗を感じるかたも多いです。遺骨を手元に置いておく、といった方法もあります。形は様々で、骨壺から加工したものまで、様々な形があります。お参りに行く必要もなく、手元で供養することができます。 新しい墓地の形として、樹木葬も考えられます。通常の墓地と違って管理費がかからないものも多いので、継ぐ人がいなくても利用できます。墓じまいの後に遺骨をどうするか、色々な選択肢を比べて最適な道を探しましょう。


墓じまいの費用を見積もりしませんか?
墓じまいにはどれくらいの費用が必要なのかわからない方も多いと思います。費用面での相談はもちろん、行程や準備すべきものなど様々な悩みをしっかりと解消しながら墓じまいを行ってくれる業者がありますので、そちらにお願いすれば、スムーズに進めていくことができるでしょう。

UPDATE POST

CHOICE

墓じまいの許可などについて

墓じまいというのは要するに改葬することになります。ですから、決められた手順が必要になります。大抵の場合は散骨という手もあるのですが永代供養にしてし…

墓じまいとは一体なんであるのか

墓じまいとは、後を継いでくれる人がいなくなる墓や遠すぎてなかなかお参りに行くことができないとかそうしたことを理由に墓を引っ越しさせる、或いはもう散骨しよう…

墓じまいでやることは

墓じまいというものの認知度が非常に高くなっています。これは墓を終える、つまりは墓石を撤去して、更地にする行為をいいます。何故そんなことをするのかといいます…

TOP